« 海外赴任者の年金(社会保障協定) | トップページ | 海外移住後の年金の受け取り方 »

2007年4月12日 (木)

外国に住んでいる人の国民年金は?

学生でも主婦でも社会人でも、またフリーターであっても公務員であっても自営業者であっても、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金の強制加入者(被保険者)です。

一方で、日本国籍であり外国に住んでいる20歳以上65歳未満の人は任意加入被保険者です。

この任意加入期間に国民年金保険料を支払わなかった場合の扱いは、「カラ期間」となります。つまり、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されますが、年金の額には反映されません。

●「カラ期間」に該当する主なものは以下の通りです。

①昭和36年4月~昭和61年3月までの期間のうち、20歳以上60歳未満の期間について、サラリーマン等(厚生年金や共済組合等の加入者)の配偶者であった期間で、かつ国民年金に任意加入しなかった期間

(昭和36年4月は拠出制の国民年金が開始されたときで、昭和61年3月まではサラリーマン等の配偶者は強制加入ではなく、任意加入でした。)

②20歳以上で学生であった期間のうち、平成3年3月以前に国民年金に任意加入しなかった期間
③20歳以上で学生であった期間のうち、平成12年4月以降の学生の納付特例の適用を受けて保険料を猶予された期間

④昭和36年4月以降、20歳以上60歳未満の間に海外に在住して国民年金に任意加入しなかった期間


« 海外赴任者の年金(社会保障協定) | トップページ | 海外移住後の年金の受け取り方 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/6180851

この記事へのトラックバック一覧です: 外国に住んでいる人の国民年金は?:

« 海外赴任者の年金(社会保障協定) | トップページ | 海外移住後の年金の受け取り方 »