« 東急株主優待券 プレゼント | トップページ | 国民年金加入は25年以上必要 »

2007年4月 8日 (日)

クーリングオフの注意

保険商品などをいったん契約した後、「しまった、そんなつもりではなかった!」「それなら契約しなかった」など、契約を取り消すことができるのがクーリングオフです。

これによって既に支払った保険料は返金され、解約金などのペナルティを受けることはありません。

クーリングオフをするためには、その日を含めて8日以内に文書によって、解除の意志を伝える必要があります。

その日とは、申し込み日、クーリングオフの内容を記載した書面を受け取った日、1回目の保険料の支払日などのいずれか遅い日です。

注意することは、このクーリングオフがどんな場合にでも適用されるわけではないということ。以下の場合には適用されません。

1.保険会社、証券会社、銀行などの店頭で自ら出向いて契約した場合

2.保険料を口座振込みで支払った場合

3.保険会社の指定した医師の診査を受けた場合

4.保険期間1年以内の契約

5.既契約の増額や変更(転換は除く)

6.自賠責などの強制保険の申し込み

7.財形貯蓄、団体信用生命保険の申し込み

上記の一部につき、6月から規制がかわり、条件が緩和される予定です。

1のように銀行の窓口に自ら出向いても、定期預金の口座をつくりに出向いた場合で、ついでに、銀行員から保険をすすめられて申し込んだ場合

2のように振り込んだ場合であっても、それが以下のような場合。→ 販売員が自宅訪問し、そこで契約から振り込み手続きまですべて済ませた場合など


« 東急株主優待券 プレゼント | トップページ | 国民年金加入は25年以上必要 »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/6028029

この記事へのトラックバック一覧です: クーリングオフの注意:

» 生命保険のクーリングオフ [生命保険情報発信ブログ]
生命保険のクーリング・オフ期間は、消費者が申し込みや契約をして、その内容を記載した書面を受け取った日から一定期間、と定められています。 [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 10:02

« 東急株主優待券 プレゼント | トップページ | 国民年金加入は25年以上必要 »