« 雇用保険とは? その4(就業促進手当) | トップページ | 相続 (欠格と廃除 代襲相続) »

2007年5月31日 (木)

雇用保険とは? その5(再就職手当)

前回お話しました就業促進手当(就職促進手当)のうち、「再就職手当」の詳細です。以下の条件を満たした時に受給できます。

・就業についた日の前日における基本手当ての支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上であること
・再就職先の雇用保険が1年を超える事が確実な、安定した職業に就いたこと
・再就職先で雇用保険の被保険者になったこと
・離職前の事業主(この事業主と密接な関係にある事業主も含む)に再び雇用されたものではないこと
・就業日前3年以内の就職について、再就職手当または常用就職手当の支給を受けていないこと
・待機期間終了後の就職であること
・受給資格決定前に、すでに内定していた会社に就職したのではないこと
・給付制限を受けている間は、待機期間経過後1ヵ月間は、ハローワークまたは厚生労働省が許可した職業紹介事業者の紹介で就職したこと


« 雇用保険とは? その4(就業促進手当) | トップページ | 相続 (欠格と廃除 代襲相続) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/21236537

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険とは? その5(再就職手当):

« 雇用保険とは? その4(就業促進手当) | トップページ | 相続 (欠格と廃除 代襲相続) »