« H19年4月 健康保険の制度改定2 | トップページ | 雇用保険とは? その5(再就職手当) »

2007年5月31日 (木)

雇用保険とは? その4(就業促進手当)

基本手当を受給中に就職すると、残りの期間の基本手当てが無駄になってしまうと思うものですが、早期に就職した場合に支給される手当というものもがあります。それが以下の就業促進手当(就職促進手当)というもので、3種類あります。

1.就業手当
基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上である受給者が、非常用就業(下記の再就職手当の対象とならない就業)した場合、一定要件を満たした時に支給されます。
 支給額: 基本手当日額×30%に相当する額を就業日ごとに支給

2.再就職手当
基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上である受給者が、常用就業した場合、一定要件を満たした時に支給されます。一定要件の詳細については次回
 支給額: 基本手当日額×30%×支給残日数

3.常用就職支度金
就業手当基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1未満または45日未満である就職困難者である受給者が、常用就業した場合、一定要件を満たした時に支給されます。
 支給額: 基本手当日額×30%×90日(支給残日数が90日未満のときは残日数。最低45日。)に相当する額


« H19年4月 健康保険の制度改定2 | トップページ | 雇用保険とは? その5(再就職手当) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/21577792

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険とは? その4(就業促進手当):

« H19年4月 健康保険の制度改定2 | トップページ | 雇用保険とは? その5(再就職手当) »