« 住宅取得資金にかかわる相続時精算課税制度 | トップページ | 土地の価格1(公的な地価) »

2007年6月30日 (土)

贈与税の申告と納付

相続税の申告と納付については以前書きました通りですが、今回は贈与税についてです。

1月1日~12月31日(1暦年間)に受けた贈与(複数の者からの贈与の合計)が基礎控除額の110万円を超える場合は、贈与税の申告書を提出し、納税します。期間は、翌年2月1日から3月15日までの間で、贈与を受けた人の住所地の税務署に提出します。配偶者の贈与特例控除特定贈与者からの贈与を受ける場合は、納める税金がなくても申告書の提出が必要です。

○納税方法

現金一括納付が原則ですが、以下の要件を満たすときは、申告期限内に手続きをすれば延納が認められます。

・納期限までに金銭で一度に納付するのが困難な場合
・納付税額が10万円を超えていること
・担保を提供すること(ただし、延納税額が50万円未満で、延納期間が3年以内の場合は不要)

延納期間は最長5年間で、年6.6%の利子税が別にかかります。相続税の場合に選択できる物納(債権や不動産などで納税)の制度は、贈与税の場合ありません。


« 住宅取得資金にかかわる相続時精算課税制度 | トップページ | 土地の価格1(公的な地価) »

6.相続・事業承継」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/6596259

この記事へのトラックバック一覧です: 贈与税の申告と納付:

» 住宅購入の贈与税対策♪ [http://juutakuzeikin.seesaa.net/article/41326384.html]
住宅購入の贈与税、税金対策についてのブログです。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 12:07

« 住宅取得資金にかかわる相続時精算課税制度 | トップページ | 土地の価格1(公的な地価) »