« 遺産分割 | トップページ | 贈与とは? »

2007年6月 6日 (水)

遺産分割の具体的な方法

相続した財産が現金だけならともかく、実際は不動産などそのままでは分割が困難な財産もあります。具体的な分割方法には以下のようなものがあります。

●現物分割

個別の遺産についてあるがままの姿で相続する数量、金額、割合などを決める方法です。例えば土地は配偶者、有価証券は長男、現金を長女、などとする方法です。

●換価分割

共同相続人が、遺産の全部または一部を金銭に換価し、その代金を分割する方法です。

●代償分割

相続人のうち特定の人が現物遺産の多くを相続する代わりに、他の相続人に自分の固有財産を交付する方法です。

例えば、遺産が4000万円の家と土地だけだとして、相続人の兄弟が2人で平等に相続する場合。遺産である家や土地を売却せずに兄が全部相続し、弟に対して2000万円分の自分の財産を交付するやり方です。

相続した2人はそれぞれ2000万円分の財産を相続したとして相続税が課税されます。 (贈与税は課税されません。)

兄が2000万円分の自分の財産を交付する際、現金であれば相続税のみの課税(家と土地を相続したことによる相続税)になりますが、自分の持っていた有価証券や不動産を弟に提供した場合には、譲渡所得として別途所得税・住民税が課せられます。

(相続に関係なく、有価証券や不動産を譲渡した際には譲渡益に対して所得税・住民税が課税されますが、これが「代償分割の提供財産として差し出したときに、所得税・住民税の課税がなくなるわけではない」というだけのことかと思います。)

●共有分割

財産が土地である場合などに、複数の相続人で共有する分割の仕方です。代償分割では、土地を相続した人は代償金として現金などを支払う必要がありますが、この共有分割の場合はその必要はありません。しかし、共有財産にした場合、将来次の相続が発生した場合にこの共有財産を分割するのが困難になる場合もあります。


« 遺産分割 | トップページ | 贈与とは? »

6.相続・事業承継」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/6301897

この記事へのトラックバック一覧です: 遺産分割の具体的な方法:

» 不動産売却について [不動産売却]
すいません。不動産売却の情報をあつめています。トラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 16:02

« 遺産分割 | トップページ | 贈与とは? »