« 家を借りるなら・・・借家権 | トップページ | 不動産と税金2 登録免許税 »

2007年7月20日 (金)

不動産と税金1 印紙税

自宅マンションなど不動産を買うとき(住宅ローン契約時)や、所有維持していると様々な税金がかかってきます。何回かに分けて、主なものを紹介いたします。

1.印紙税

以下のような書類に印紙税がかかってきます。

・不動産の売買契約書
・不動産の交換契約書
・土地の賃貸借契約書(建物の賃貸借契約書には印紙税はかかりません)

・建築請負契約書
・金銭消費貸借契約書(住宅ローン契約書)

また、不動産関係でも以下のものに印紙税は課税されません。

・建物の賃貸借契約書(前述)
・不動産の仲介に関する契約書(媒介契約書
・抵当権の設定または譲渡の契約書

税額: 例えば、契約記載金額が1,000万円超5,000万円以下の場合の売買契約書に係る印紙税の税額は20,000円です。(注: 2009年3月31日までは15,000円に軽減されています。同様に、5,000万円超1億円以下の場合は6万円が45,000円に軽減中。)
複数の金融機関から借り入れる場合、それぞれの契約書に収入印紙を添付する必要があります。例えば3,000万円を借り入れるのに、1ヵ所からであれば20,000円ですみますが、3ヶ所から1,000万円ずつの場合は、60,000円必要になります。

 → 次回「登録免許税」へ


« 家を借りるなら・・・借家権 | トップページ | 不動産と税金2 登録免許税 »

4.マイホームと不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/7174728

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産と税金1 印紙税:

« 家を借りるなら・・・借家権 | トップページ | 不動産と税金2 登録免許税 »