« 負けを出さないことが大事 | トップページ | 分散投資 その2 »

2007年9月17日 (月)

分散投資 その1

分散投資は、リスクを分散するのに有効な投資方法です。例えば価格変動が異なるものを組み合わせることにより、一方が下落したときに他方が上昇することによって相殺し、全体のリスクを低減させることができます。

リスクには様々なものがあります。(リスクとは、金融商品を投資した結果得られる収益の幅の可能性のことで、上にも下にも価格のブレが大きいものをリスクが大きいといいます。)例えば、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、金利変動リスク、流動性リスク、カントリーリスク、インフレリスクなどがあります。

これらのリスクを分散する際の観点として、以下のようなものが挙げられます。

・商品の分散
・通貨の分散
・時間の分散
・時期の分散

実際に投資のための商品を購入する場合には、上記のような観点を参考にリスクを分散することをお勧めします。

また、アセットアロケーションとは複数の資産に投資することをさし、証券ポートフォリオとは複数の銘柄に投資することをさします。

 → 次回、「分散投資 その2」へ


« 負けを出さないことが大事 | トップページ | 分散投資 その2 »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/7460521

この記事へのトラックバック一覧です: 分散投資 その1:

« 負けを出さないことが大事 | トップページ | 分散投資 その2 »