« 投資信託とは8 ベンチマーク | トップページ | 投資信託とは10 選び方2 »

2007年9月29日 (土)

投資信託とは9 選び方1

では3,200本以上ある投資信託(公募投信)ですが、どのように選べばいいでしょうか?判断基準として重要なものをいくつか書きます。

1.運用方針
 どのような収益を目指し(ベンチマーク連動か、それ以上かなど)、どのような種類の資産に投資していくのか。その投資先選定の基準、情報収集のやり方などです。

2.運用実績
 過去の運用成績が将来も保障されるわけではありませんが、過去3~5年の運用成績は参考にできます。例えば、日経平均をベンチマークとするアクティブファンドで、過去5年間一度も日経平均以上の成績を残せなかったものを、普通は買う気にはならないと思います。

3.手数料
 手数料1手数料2のページでも触れましたが、特に信託報酬は注意してみるべき数字です。

つづきは次回へ。


« 投資信託とは8 ベンチマーク | トップページ | 投資信託とは10 選び方2 »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/9946923

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託とは9 選び方1:

« 投資信託とは8 ベンチマーク | トップページ | 投資信託とは10 選び方2 »