« 投資信託とは15 税金5(外国投資信託1) | トップページ | 投資信託とは17 ETF »

2007年10月 6日 (土)

投資信託とは16 税金6(外国投資信託2)

前回は、外国籍の株式投資信託にかかる税金の話でしたが、今回は外国籍の公社債投資信託にかかる税金の話です。

○外国籍の公社債投資信託にかかる税金

①分配金: 利子所得として20%の源泉分離課税です(所得税15%、住民税5%)。外国で税金が徴収されている場合には、外国での徴収額と国内での徴収額の合計が20%になるように調整されます(差額徴収方式)。

②償還差益: 分配金と同様の扱いで、利子所得として20%の源泉分離課税になります。なお、為替差益は雑所得として総合課税されます。償還差損が発生した場合、雑所得内での損益通算については、個別に税務署に確認が必要となります。

③売却益: 償還まで保有せず、途中で売却した場合の売却益は非課税です。ただし、売却損が生じても他の所得と通算することはできません。


« 投資信託とは15 税金5(外国投資信託1) | トップページ | 投資信託とは17 ETF »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/10184957

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託とは16 税金6(外国投資信託2):

« 投資信託とは15 税金5(外国投資信託1) | トップページ | 投資信託とは17 ETF »