« 給与所得の計算1 | トップページ | 株式の譲渡所得(取得費の特例) »

2007年11月18日 (日)

給与所得の計算2(2ヶ所から給与がある場合)

給与所得の計算については前回見ましたが、今回は、2ヶ所から給与収入がある場合の給与所得の計算についてみていきます。例えばA社からの収入金額が400万円、B社からの収入が400万円のとき、給与所得金額はいくらになるでしょうか?

・給与収入金額が360万円超 660万円以下の場合の給与所得控除額は「給与収入金額×20%+54万円」
・給与収入金額が660万円超 1,000万円以下の場合の給与所得控除額は「給与収入金額×10%+120万円」とします。

○解答

別々に給与所得を計算するのではなく、給与収入を合計してから給与所得金額をだします。
給与収入の合計は800万円なので、給与所得控除額は800万円×10%+120万円=200万円。
よって、給与所得の金額は800万円-200万円=600万円となります。


« 給与所得の計算1 | トップページ | 株式の譲渡所得(取得費の特例) »

2.タックスプランニング(税金対策)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/9229395

この記事へのトラックバック一覧です: 給与所得の計算2(2ヶ所から給与がある場合):

« 給与所得の計算1 | トップページ | 株式の譲渡所得(取得費の特例) »