« 医療費控除 ~計算例2~ | トップページ | 医療費控除の対象 »

2007年11月 4日 (日)

医療費控除 ~計算例1~

前回、医療費控除の計算において「差し引く保険金と差し引かないでよいもの」の例をお示ししましたが、今回は計算例です。

Aさん(所得金額の合計は200万円以上)がH19年中に支払った、控除対象となる医療費の内訳は以下の通りです。

・Aさんの医療費: 20万円
・Aさんの妻(専業主婦)の医療費30万円

一方で、Aさん一家がH19年中に受け取った生命保険の保険給付金は以下の通りです。

・Aさんの入院給付金5万円(Aさん加入の生命保険の特約より支払を受けたもの)
・Aさんの妻が入院、手術を受けたときの入院給付金10万円、手術給付金5万円(ともにAさん加入の生命保険の特約より支払を受けた)

①実際に支払った医療費の合計額(3割負担の額): 20万円+30万円=50万円
②保険金などで補てんされる金額: 5万円+10万円+5万円=20万円

①-②-10万円=20万円

よって医療費控除の合計金額は20万円となります(最高200万円)。


« 医療費控除 ~計算例2~ | トップページ | 医療費控除の対象 »

2.タックスプランニング(税金対策)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/11372236

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費控除 ~計算例1~:

« 医療費控除 ~計算例2~ | トップページ | 医療費控除の対象 »