« 投資信託とは20 不動産投資信託3 メリットと注意点 | トップページ | 夫婦共働きでもOK ~医療費控除~ »

2007年11月 1日 (木)

医療費控除とは

一家でその年(1/1~12/31)に支払った医療費一定額以上の場合、確定申告をすることによって税金を少し減らすことができる場合があります。

1.計算方法

支払った医療費 → 正確には「保険や給付金などで補填される金額」を引いた後の額です。1年間に支払った医療費の賞味の損失総額であり、自己負担分です。

一定額 → 通常は、10万円で計算することが多いのですが、その年の総所得等の額が200万円以下の場合は、その総所得の5%にあたる額を一定額とします。(例えば、総所得が100万円の場合、その5%は5万円なので、5万円を超える医療費が発生すれば医療費控除を受けることができます。)

総所得等の額 : 給与所得(給与収入ではない)、雑所得、配当所得、一時所得などをあわせた額です。計算に入れない所得もあります。

2.一家の範囲 ・・・ 「一家」とはどこまでをさすのか、次回ご説明します。

参考ホームページ

 → 次回、「夫婦共働きの場合」へ


« 投資信託とは20 不動産投資信託3 メリットと注意点 | トップページ | 夫婦共働きでもOK ~医療費控除~ »

2.タックスプランニング(税金対策)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/5995484

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費控除とは:

« 投資信託とは20 不動産投資信託3 メリットと注意点 | トップページ | 夫婦共働きでもOK ~医療費控除~ »