« 泥棒に入られたら、自然災害にあったら(雑損控除) | トップページ | 配当所得1 »

2007年11月13日 (火)

災害にあったら所得税を減免(災害減免法)

前回、「雑損控除」についてみましたが、今回は「災害減免法」の適用の説明です。

「雑損控除」と同様に、災害にあった場合に税金面で優遇措置が受けられます(雑損控除と災害減免法はどちらか一方のみ適用されます)。

災害減免法は、被害の大きな人向けです。雑損控除との違いは以下の通りです。

●対象となる原因: 災害のみ(盗難や横領は対象になりません)

●対象となる資産: 住宅・家財のみ(現金などは対象になりません)

●適用要件
・対象となる被害の程度: 被害額が時価の1/2以上(被害額: 損害額から保険金・損害賠償金等を差し引いた残額) 
・合計所得金額が1,000万円以下

●減免措置: 合計所得金額によって、その年の所得税が軽減されます。
・所得500万円以下: 全額免除
・所得500万円超750万円以下: 半額軽減
・所得750万円超1000万円以下: 1/4軽減

●繰越控除: 控除しきれない額があっても、翌年以降繰り越すことはできません(雑損控除は繰り越せます)。

●住民税への適用: ありません(雑損控除はあります)

被災時に自治体からもらえる支援金についてはこちら


« 泥棒に入られたら、自然災害にあったら(雑損控除) | トップページ | 配当所得1 »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/9163859

この記事へのトラックバック一覧です: 災害にあったら所得税を減免(災害減免法):

« 泥棒に入られたら、自然災害にあったら(雑損控除) | トップページ | 配当所得1 »