« 傷病手当金 その2 | トップページ | 障害年金 その1 年金は老後のためだけではない »

2008年1月29日 (火)

相続による株券の名義変更

株券の電子化が1年後に迫っていますが、とある依頼で他人名義の株券の名義変更を代行することになりました。信託銀行に必要書類をもっていき、手続きします。前回、別の銀行で同じような手続きをしましたが、ルールは銀行による様々のようです。

今回は三菱UFJ信託銀行。ここのルールは
・基本的に予約が必要
・基本的に、代理人が手続きをする場合は委任状が必要
となっているようです。

みずほ信託ではどちらも必要なかったぞ・・・と思いながら、予約なしで受け付けてもらいました。また、委任状については本部?に問い合わせて確認しますとのこと。(「委任状必要となったらまた面倒だなー・・・」)そもそも、相続する人(新しい株主)は遺産分割協議書などの書類で確認するわけだし、代理人が悪いことをしようとしてもし様がない?と思うので、委任状などなくていいと思うのですが・・・。

担当の方に「他行では必要ありませんでしたが・・」と伝えたのが奏功したか、結局なしでOKでした。もしマニュアル上必要としているのであれば、撤廃したほうがいいのではないでしょうか、というのが個人的な意見です。

とりあえず、手続き開始。

でも書類確認に時間がかかるのか、今回も受付してから店舗を出るのに2時間くらいかかりました。相続の内容が複雑であったことも関係あると思いますが、時間のかかることやら・・・。