« 記事の追加について | トップページ | 海外旅行は今がチャンスか? »

2008年2月25日 (月)

最近読んだ本 「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」

「お金」に関する教育はほとんど受けておらず、「投資で稼いだお金よりも汗水たらして労働により得たお金のほうが価値がある」と、何の疑いもなしに考えている人が多いのが日本社会ですが、こういう本を1回読むと考え方も変わってくるのではないかと思います。以下、印象的だった部分です。

「・資本主義の中で、自分がお金に対するコントロール権を持たないということは、社会に対して独立した力をもてないということになります。私達は投票をすることで政治に影響を与えていきますが、それと同様に、投資をすることで自分達の住みよい社会を作っていくことが可能になるのです。

・金融について興味があっても知識を得ないままでいると、せっかくのお金が銀行や郵便局で寝てしまいます。その結果、その使い道は自分でも思わぬところ、例えば土地の不良債権や儲からない第三セセクターなどに行ってしまい、資金が非効率的に使われるばかりか場合によっては回収が不能になってしまうのです。従って、わたし達がどんなに一所懸命労働して、その結果得たお金をためたとしても、そのお金たちが自分達の幸せとは全く無縁のところで使われてしまうのでは意味がありません。

・オプションとは、ある金額で何かを売買する権利をいいます。宝くじも、300円を払うことで1億円当たるかもしれないというオプションを買っていると考えることができます。そして、そのオプションは高い確率で0円になります。宝くじの期待値(買った宝くじに対して平均的に戻ってくる賞金の金額)は40%くらいですが、日経平均先物オプションの期待値は理論上、ほぼ100%ですので、同じ「くじ」を買っていると思えば、宝くじよりも日経平均オプションのほうが割がいいことは理解できると思います。」


« 記事の追加について | トップページ | 海外旅行は今がチャンスか? »

9.その他日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/10769555

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本 「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」:

« 記事の追加について | トップページ | 海外旅行は今がチャンスか? »