« 障害年金 その3 対象となりうる主な症状 | トップページ | 障害年金 その5 障害厚生年金 »

2008年2月 4日 (月)

障害年金 その4 障害基礎年金

障害基礎年金は、国民年金加入者に支給される障害年金です(サラリーマンの場合も、国民年金には加入しているので、実際にはほとんどの人が該当します)。

○年金額

年金額は定額であり、障害の程度に応じて1級と2級があります。
・2級: 792,100円(年額)
・1級: 2級の1.25倍=990,100円 (それぞれ平成19年度年金額)

それぞれ、生計維持関係にある子※がいる場合は「子の加算」として子一人当たり227,900円(3人目からは75,900円)が加算されます。

※生計維持関係にある子で、18歳になってから最初の3月31日までにある子
および
障害1級または2級に該当する20歳未満の子

障害厚生年金にある「配偶者の加算」は、障害基礎年金にはありません。(子の養育が基礎年金の主旨だからです。)


« 障害年金 その3 対象となりうる主な症状 | トップページ | 障害年金 その5 障害厚生年金 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/11142857

この記事へのトラックバック一覧です: 障害年金 その4 障害基礎年金:

« 障害年金 その3 対象となりうる主な症状 | トップページ | 障害年金 その5 障害厚生年金 »