« 企業年金とは? | トップページ | 確定拠出年金2 メリット(拠出時) »

2008年5月 9日 (金)

確定拠出年金とは?

確定拠出年金は日本版401Kとも呼ばれ、平成13年(2001年)10月に導入されました。公的年金や企業の確定給付型年金は、国や企業の責任において資金を運用するものですが、確定拠出年金は加入者の自己責任で公社債や投資信託などの運用商品を選び、運用する年金です。従って、確定拠出年金は個人個人の運用成績によって将来受け取れる年金の額は変動してきます。

確定拠出年金には企業型と個人型があります。
・企業型は企業の従業員(基本的に、国民年金の第2号被保険者。ただし公務員を除く)が加入することができます。掛金は、事業主が(退職金の原資から)拠出します。現在は加入者個人から拠出することはできません。

追記: (平成24年1月より、「マッチング拠出」として、企業型年金規約に定めることで個人加入者の拠出も可能になりました。ただし、会社の掛金との合計が拠出限度額である月額51,000円を超えることはできません(企業年金を併用している場合は月額25,500円)。また、企業年金は主たる拠出者は会社であるという考えにもとづき、会社の掛金を加入者本人の掛金が上回ることもできません。

・個人型は、自営業者など国民年金の第1号被保険者が加入することができます。第3号被保険者は加入できません(追記: 2017年1月から加入できるようになりました)。原則60歳から受給可能ですが、加入期間10年未満では、受給開始時期が最長65歳まで延長されます。受給は、5年以上20年以下の有期年金が基本ですが、終身年金や一時金も可能です。

企業の従業員であっても、その企業が企業年金(確定給付型)や確定拠出年金(企業型)のいずれも実施していない場合は、個人型の確定拠出年金に加入することができます。


« 企業年金とは? | トップページ | 確定拠出年金2 メリット(拠出時) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/6256333

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金とは?:

» 確定給付型年金と日本版401kとは [知って得する事典]
2001年に導入された新しい年金制度です。積立額だけが決まっており、年金額は加入... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 18:48

« 企業年金とは? | トップページ | 確定拠出年金2 メリット(拠出時) »