« アセットアロケーションの価値 | トップページ | FXを知る11 FXと税金2(店頭取引) »

2008年8月 4日 (月)

FXを知る10 FXと税金1(取引所取引)

FXに関する税制はやや複雑で、「取引所取引」の場合と「店頭取引」の場合で税制が異なります。「取引所取引」は、くりっく365と呼ばれているものです。「店頭取引」は手数料無料をうたっている業者はすべてこちらと考えてもいいと思います。また、同じ業者でもくりっく365(取引所取引)と店頭取引の両方を扱っているところもあります。

FXでいう利益とは、為替差益+スワップ金利-経費 です。

為替差損がでた場合は、当然マイナスでカウントし、スワップ金利についてもマイナス金利の分はマイナス計上です(プラスと相殺)。また、経費についてはFXをはじめるために買ったパソコンの費用や勉強のためのセミナー参加費が経費として認められる場合もあります。

株式の譲渡益の場合と同様に、一般的なサラリーマンの場合は(給与所得、退職所得以外の利益とあわせて)利益が20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。

まず「取引所取引」(くりっく365)について、「店頭取引」と異なる点を説明をいたします。

・申告分離課税で税率は一律20%
・取引所で行う他の先物取引との間で損益を相殺可。
・損失がでた場合は翌年から三年間まで損失の繰越可。


« アセットアロケーションの価値 | トップページ | FXを知る11 FXと税金2(店頭取引) »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/28797741

この記事へのトラックバック一覧です: FXを知る10 FXと税金1(取引所取引):

« アセットアロケーションの価値 | トップページ | FXを知る11 FXと税金2(店頭取引) »