« FXを知る10 FXと税金1(取引所取引) | トップページ | FXを知る12 資産の安全性その2 »

2008年8月 5日 (火)

FXを知る11 FXと税金2(店頭取引)

前回、取引所取引の税制について紹介いたしましたが、今回は店頭取引の話です。

・雑所得として総合課税(税率はその人の課税所得金額によって異なります。)
・外貨預金の為替差損益など、他の雑所得との間で損益を相殺できます。
・損失の翌年以降への繰越はできません。

店頭取引の場合、「売買手数料ゼロ」をうたっているところも多いのですが、その分スプレッドも大きく、トータルではそれほどおトクでもないような場合もあります。一方、取引所取引の場合、売買手数料はかかりますがスプレッドは比較的小さく、トータルコストでは店頭取引とあまりかわらない場合もあります。(業者が儲けやすいのが店頭取引であり、取引所取引への参加業者が比較的少ないのは、業者のもうけが少ないからと思われます。)

一方で、投資家にとっては、取引所取引のほうが税制で有利な面が多いようです。


« FXを知る10 FXと税金1(取引所取引) | トップページ | FXを知る12 資産の安全性その2 »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/28798768

この記事へのトラックバック一覧です: FXを知る11 FXと税金2(店頭取引):

« FXを知る10 FXと税金1(取引所取引) | トップページ | FXを知る12 資産の安全性その2 »