« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月 6日 (水)

FXを知る12 資産の安全性その2

今回は、FX業者が顧客(投資家)から預かった資産について、どのように管理されているのか詳しくみていきます。

○管理方法
顧客から預かった資産は、業者自身の資産と区分する分別管理が義務付けられています(守られていないこともありますが)。主に以下の3つの方法のいずれか(あるいは併用)で管理されています。

1.銀行への預金(業者と別名義)
2.カバー先銀行への預託
3.信託銀行への金銭信託

1から3へ行くほど顧客にとって安全性が高くなります。

1.銀行への預金
業者による資金流用がしやすく、業者が破綻した場合には一般債権と同等に扱われ、顧客に損失が発生する可能性があります。

2.カバー先への預託
 カバー先とは、業者が為替リスクを回避するために、顧客との取引と反対の売買をしておく相手としての金融機関(銀行など)です。例えば顧客から「ドル売り、円買い」の注文を受けた場合は、業者は顧客から「ドルを買い、円を売る」わけですが、このときカバー先金融機関に対しては「ドル売り、円買い」をしておきます。このカバー先に資産を預けておくやり方です。
 業者が流用しにくい点はいいのですが、FX業者自身が行う為替取引(自己勘定の取引)と区別できずに、実質的に業者の損失補てんに使われる可能性があります。また、カバー先が破綻した際にやはり損失を被る可能性があります。

3.金銭信託
信託銀行に預け、さらに信託銀行は自社の資産と分けて管理します。業者が流用しにくく、また業者が破綻しても、顧客の資産は一般債権に優先して扱われます。さらに信託銀行が破綻しても資産は守られます。ただし、信託口座の残高に反映されるまでに時間差があるので、新規の証拠金や直前の為替変動による損益変動部分は保証されない可能性があります。業者により、信託口座への反映の頻度は異なります。

また実際には、カバー先への預託と金銭信託を組み合わせている業者もあります。さらに、顧客資産すべてを信託している場合でも、信託銀行が発行した「保証状」をカバー先への担保としている場合は注意が必要です。(カバー先は担保の差し入れと引き換えに、FX業者とのカバー取引を引き受けるわけです。)FX業者が破綻したり取引にトラブルが発生してカバー先に損失が生じた場合、顧客資産よりもカバー先への保証が優先され、信託銀行に預けた顧客の資産が損失補てんに使われる可能性もあるからです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

FXを知る11 FXと税金2(店頭取引)

前回、取引所取引の税制について紹介いたしましたが、今回は店頭取引の話です。

・雑所得として総合課税(税率はその人の課税所得金額によって異なります。)
・外貨預金の為替差損益など、他の雑所得との間で損益を相殺できます。
・損失の翌年以降への繰越はできません。

店頭取引の場合、「売買手数料ゼロ」をうたっているところも多いのですが、その分スプレッドも大きく、トータルではそれほどおトクでもないような場合もあります。一方、取引所取引の場合、売買手数料はかかりますがスプレッドは比較的小さく、トータルコストでは店頭取引とあまりかわらない場合もあります。(業者が儲けやすいのが店頭取引であり、取引所取引への参加業者が比較的少ないのは、業者のもうけが少ないからと思われます。)

一方で、投資家にとっては、取引所取引のほうが税制で有利な面が多いようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

FXを知る10 FXと税金1(取引所取引)

FXに関する税制はやや複雑で、「取引所取引」の場合と「店頭取引」の場合で税制が異なります。「取引所取引」は、くりっく365と呼ばれているものです。「店頭取引」は手数料無料をうたっている業者はすべてこちらと考えてもいいと思います。また、同じ業者でもくりっく365(取引所取引)と店頭取引の両方を扱っているところもあります。

FXでいう利益とは、為替差益+スワップ金利-経費 です。

為替差損がでた場合は、当然マイナスでカウントし、スワップ金利についてもマイナス金利の分はマイナス計上です(プラスと相殺)。また、経費についてはFXをはじめるために買ったパソコンの費用や勉強のためのセミナー参加費が経費として認められる場合もあります。

株式の譲渡益の場合と同様に、一般的なサラリーマンの場合は(給与所得、退職所得以外の利益とあわせて)利益が20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。

まず「取引所取引」(くりっく365)について、「店頭取引」と異なる点を説明をいたします。

・申告分離課税で税率は一律20%
・取引所で行う他の先物取引との間で損益を相殺可。
・損失がでた場合は翌年から三年間まで損失の繰越可。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

アセットアロケーションの価値

あるFPの方と話をする機会がありました。アセットアロケーションの話になって、本人がどのような配分なのか尋ねたところ、「このような(飲みの席のような)ところでタダで話すのは、お金を受け取ってFP相談の場で話すのとはわけが違う」とのことでお断りされました。

「自分の資産について話したくない」という気持ちはあると思いますが、どうやら「アセットアロケーションの配分自体に価値がある」からとのことです。

確かにFP相談において、顧客にあわせてアセットアロケーションの提案をするにはさまざまな知識が必要と思いますが、その配分は実行する本人にとってしか価値のあるものではなく、ほかの人がマネをしたところであまり意味はないと思うのです。つまり正解はないと思うのです。

そして、どのようなアセットアロケーションがよいかは、その人の価値観や取れるリスクによって変わってくると思います。ですので、「私のアセットアロケーションの配分自体に価値がある」と語る人の話は、個人的には???です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »