« たぶん便利なe-Tax | トップページ | 住民税申告が必要な場合 »

2009年1月25日 (日)

銀行口座より証券口座

証券会社に口座を開くと、入金されたお金は総合口座に入ります。いつでも株や投資信託の購入資金にあてることができますし、必要なら引き出すこともできます。(指定の銀行口座に振り込まれます。あるいはコンビニなどのATMから引き出せる場合もあります。)また、給与振込みや、公共料金の引き落とし口座ににすることもできます。

このように、銀行の普通預金のように流動性の高いお金ですが、増え方は普通預金口座のお金よりずっといいのが証券総合口座です。普通預金とは違い、実際にはMRF(マネー・リザーブ・ファンド)と呼ばれる投資信託で運用されています。この投資信託は、金融機関の間で取引されている諸金利を得ることのできる商品で、元本割れのリスクはきわめて低いとされています。

MRFで得られる金利は銀行の1年もの定期を上回ることも多く、2007年1月からの2年間の平均では約0.3~0.5%です。

この低金利の時代、銀行の普通預金に眠らせておくよりも、証券口座を開いてMRFとして寝かせておくほうがよっぽど有利かもしれません。


« たぶん便利なe-Tax | トップページ | 住民税申告が必要な場合 »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/27477501

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行口座より証券口座:

« たぶん便利なe-Tax | トップページ | 住民税申告が必要な場合 »