« 離婚に伴う不動産名義の書き換え時の課税 | トップページ | お金がないときの出産 »

2009年3月13日 (金)

確定拠出年金 企業型で従業員の上乗せ可能に

2010年1月、確定拠出年金法改正案が施行される予定です。おおまかな内容は以下のとおりです。

1.非課税限度額の引き上げ
2.企業型確定拠出年金において、従業員の上乗せ拠出が可能に

以下、詳細に見ていきます。

1.非課税限度額の引き上げ
企業型確定拠出年金においては、掛け金は企業のみが拠出できることになっていました。非課税限度額とは、掛け金に関して企業が損金算入できて、法人税などの課税対象にならない範囲のことです。今後、毎月の上限が以下のように引き上げられます。

・従業員一人当たり46,000円 → 51,000円(ほかに企業年金がない会社の場合)
・従業員一人当たり23,000円 → 25,500円(ほかに企業年金がある会社の場合)

また、個人型確定拠出年金においても月あたり18,000円 → 23,000円に引き上げられる予定です。

2.従業員の上乗せ拠出
企業型の確定拠出年金において、従業員の上乗せ拠出(マッチング拠出)が認められるようになります。従業員の拠出分は、所得控除が適用されます。ただし、制約があり

(1)企業が拠出する掛け金の範囲内であること
(2)企業が拠出する掛け金とあわせて、上記の非課税限度内であること

が必要です。

※(追記)上記審議内容についてはその後国会の閉幕で廃案となり、今後の実施については未定です。


« 離婚に伴う不動産名義の書き換え時の課税 | トップページ | お金がないときの出産 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/28831607

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金 企業型で従業員の上乗せ可能に:

« 離婚に伴う不動産名義の書き換え時の課税 | トップページ | お金がないときの出産 »