« お金がないときの出産 | トップページ | 国民年金基金の対象拡大(2011年4月から) »

2009年3月19日 (木)

葬儀費用

身内が亡くなったときは、悲しみやあわただしさでなかなか費用のことまで頭がまわらないと思いますが、とんだ出費になって後悔しないよう、知っておきたいことです。

○葬儀に必要な書類と主な費用
・必要な書類: 死亡届、火葬許可証、埋葬許可証
・主な費用:
1.葬式自体の費用・・・寝台車代(遺体の引き取り)、祭壇や棺、式場料金、霊柩車代
2.通夜料理などの飲食接待費
3.お布施などの寺院への費用
4.火葬・埋葬の費用・・・火葬料、遺骨容器代、墓地費用など

○葬儀費用を抑えるには
葬儀費用の全国平均は230万円程度と言われていますが、「市民葬儀」を利用したり、葬儀会社の見積もりを比較検討することにより抑えることができます。

○市民葬儀
大都市圏の多くの市区町村で導入されています。市区町村が葬儀会社との間で祭壇や火葬などの料金を設定した葬儀で、10万円程度~35万円程度でおさまるようです。また、一般の葬儀会社の葬儀を利用する際でも、市民葬儀の明細を参考に比較検討することができます。

○給付金
健康保険や国民健康保険から、埋葬料や葬祭費が支給されます。詳細はこちら


« お金がないときの出産 | トップページ | 国民年金基金の対象拡大(2011年4月から) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/29023696

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀費用:

« お金がないときの出産 | トップページ | 国民年金基金の対象拡大(2011年4月から) »