« 年金加入記録を確認する2 | トップページ | 学資保険 その1 »

2009年3月27日 (金)

犯罪被害給付制度

犯罪に遭い、生命や身体を害された被害者を救済する制度として、「犯罪被害給付制度」というものがあります。給付金は「遺族給付金」「重傷病給付金」「障害給付金」の3種類があります。

1.遺族給付金
 被害者が死亡した場合に遺族に対して給付されます。死亡前の医療費の自己負担額も支給されます。

2.重傷病給付金
 治療期間が1ヶ月以上かつ3日以上の入院の傷害を受けた被害者に支給されます。医療費の自己負担額と休業損害分(あわせて上限120万円)が、1年を限度として支給されます。精神疾患の場合は入院の必要はありませんが、3日以上労務不能であることが要件です。

3.障害給付金
 被害者が負った障害の等級(第1級~第14級)に応じて支給されます。

申請先は、各都道府県の警察本部または警察署になります。なお、海外での被害は上記制度の対象外ですが、(財)犯罪被害救援基金の制度が適用できる場合もあるようです。


« 年金加入記録を確認する2 | トップページ | 学資保険 その1 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/29116350

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪被害給付制度:

« 年金加入記録を確認する2 | トップページ | 学資保険 その1 »