« 離婚時の年金分割 その3 分割のタイミング | トップページ | 離婚時の年金分割 その5 厚生年金基金(2) »

2009年3月 7日 (土)

離婚時の年金分割 その4 厚生年金基金(1)

厚生年金基金とは企業年金の1つであり、勤め先の会社が基金を設立していれば従業員は厚生年金基金に加入しています。厚生年金とは別に毎月給料から天引きされ(明細項目名:厚生年金基金として)、老後に年金として受け取ります。

毎月給料から天引きされた厚生年金は老後に国から支給されます。一方で厚生年金基金に加入していると、厚生年金の一部はこの厚生年金基金が運用代行(「厚生年金代行部分」といいます)します。この代行部分は老後には厚生年金基金から、独自の上乗せ部分が加算されて支給されることになります。

運用代行部分以外の残りの厚生年金部分については、国から支給されます。

年金の離婚分割時に、夫の厚生年金は分割の対象になります。一方で厚生年金基金については注意が必要です。厚生年金代行部分(もともと厚生年金の一部分)については分割の対象になりますが、厚生年金基金独自の上乗せ部分については分割の対象にはなりません。

離婚による年金分割をした場合の、年金見込み額の見方については注意が必要です(次回)。


« 離婚時の年金分割 その3 分割のタイミング | トップページ | 離婚時の年金分割 その5 厚生年金基金(2) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/28183257

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚時の年金分割 その4 厚生年金基金(1):

« 離婚時の年金分割 その3 分割のタイミング | トップページ | 離婚時の年金分割 その5 厚生年金基金(2) »