« 学資保険 その1 | トップページ | 個人年金保険を相続した場合の税金(二重課税) »

2009年3月30日 (月)

退職金は証券口座に

退職金を一括で受け取ると指定の銀行口座に振り込まれると思いますが、そのままにしておくと危険あるいはもったいないと思います。

1.なぜ危険?
数千万円単位の退職金の場合、銀行に何かがあった場合に全額が戻ってくるわけではありません。「預金保険機構」の仕組みにより保護されるのは普通預金口座の場合、元本1,000万円までとその利息分です。1,000万円を超える分はどれだけ戻ってくるかはわかりません。

大事な退職金、銀行に預けるなら金融機関を分散させておきましょう。

2.なぜもったいない?
銀行に預けても今の低金利時代では利息は少ししかつきません。以前ご紹介しましたが証券口座は銀行口座のように利用できる面が多い一方で、利回りは銀行口座より高いのが普通です。例えば2,000万円を預ける場合、銀行口座の利回りが0.2%、証券口座が0.4%だとすると1年後のその差は4万円にもなります。

では証券口座なら全額預けても安全?

証券会社には「分別管理義務」があり、万一証券会社が破綻してもすべて投資家の元に戻ることになっています。ただし証券会社の違法行為があった場合など、預かり資産の全額が返還されない場合があります。このような事態でも、「投資者保護基金」により、1,000万円までは補償されます。

まずは、証券口座に預け、残りを銀行口座に預けるのは1つの方法かと思います。


« 学資保険 その1 | トップページ | 個人年金保険を相続した場合の税金(二重課税) »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/29204858

この記事へのトラックバック一覧です: 退職金は証券口座に:

« 学資保険 その1 | トップページ | 個人年金保険を相続した場合の税金(二重課税) »