« 育児・介護休業法改正 | トップページ | マイホームを欠陥から守るための制度 »

2009年4月25日 (土)

FX取引が制限されるようになります

外国為替証拠金取引(FX)は、預けたお金の数倍~数百倍の取引ができ(レバレッジ)、資金効率のよい資産運用の1つです。その反面、レバレッジを高めた取引はリスクが大きく、例えば1円の為替変動で預けた資産がすべてふっとんでしまうような場合もあります。証券取引等監視委員会はこのようなリスクの大きな取引を規制する方向で動いており、金融庁は関係政省令の改正作業に入る見込みです(09年夏に導入見込み)。具体的にはレバレッジの上限を20-30倍に規制する見込みです(店頭取引、取引所取引ともに)。

これにより、普段実質的にレバレッジの低い取引をしている顧客にとっても不都合が生じる場合があります。例えば設定レバレッジを100倍にしていたものを10倍に変更させられた場合、機動的な運用ができなくなります。以下で具体的にみていきます。

例えば100万円の証拠金を預け、10,000ドルの外貨を保有している顧客の場合(1ドル=100円として実質レバレッジは1倍)。

設定レバレッジが100倍の場合、10,000ドルを購入するのに必要な証拠金は(1ドル=100円として)1万円になります(業者により細かな計算方法は異なります)。基本的に残りの99万円を自由に使えるので、あと99回前後まで10,000ドルずつ取引が可能です。設定レバレッジが10倍になった場合、10,000ドルを購入するのに必要な証拠金は10万円になります。残りの90万円で、10,000ドルの購入はあと9回程度しかできません。

このように、設定レバレッジが低くなることにより、今後新たに売買できる回数が少なくなります。実質的なレバレッジを低く抑えながら運用をし、為替変動時には一時的に実質レバレッジを高くして保有ポジションを増やしたり両建てで保有したいと考えている顧客の場合、このようにレバレッジの上限が規制されると、機動的な運用ができなくなってしまうことになります。

つまり、設定レバレッジは高くしていても実質レバレッジを低く抑えて運用している顧客にとっては、ありがたくない措置かもしれません。


« 育児・介護休業法改正 | トップページ | マイホームを欠陥から守るための制度 »

3.金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/29280158

この記事へのトラックバック一覧です: FX取引が制限されるようになります:

« 育児・介護休業法改正 | トップページ | マイホームを欠陥から守るための制度 »