« 2009年以降の住宅ローン減税 その2(減税額計算) | トップページ | 公的医療保険と介護保険サービス費用の自己負担上限 1 »

2009年5月 5日 (火)

長期優良住宅とは

前回でてきました「長期優良住宅」の詳細をみていきます。

「丈夫で長持ちし、何世代にもわたって住み続けられる家」の認定制度が09年6月から始まります。主な認定条件は
1.丈夫で長持ちする家
2.住む人の変化に対応できる家
3.住み続けるための計画がある家
で、以下、具体的な条件をみていきます。

1.丈夫で長持ちする家
・耐震性: 住宅性能表示制度の「耐震等級2」以上または免震構造
・建物の劣化対策: 防錆措置、点検口、コンクリートの質など
・維持管理がしやすいこと: 点検・補修しやすい配管の工夫など
・省エネ対策: 断熱効果など

2.住む人の変化に対応できる家
・可変性(マンション): 間取りを自由に変更できる工夫
・バリアフリー(マンション): 共用廊下の幅を広くするなど
・面積: 比較的広い面積であること(一戸建て75m2以上、マンション55m2以上など)・・・地域によって異なります。

3.住み続けるための計画がある家
・定期的な点検・補修などの計画(少なくとも10年ごと)
・街並みを守る地域の規定や計画に沿っていること

住宅ローン以外の優遇措置や認定方法についてはこちら


« 2009年以降の住宅ローン減税 その2(減税額計算) | トップページ | 公的医療保険と介護保険サービス費用の自己負担上限 1 »

4.マイホームと不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/30864836

この記事へのトラックバック一覧です: 長期優良住宅とは:

« 2009年以降の住宅ローン減税 その2(減税額計算) | トップページ | 公的医療保険と介護保険サービス費用の自己負担上限 1 »