« マイホームを欠陥から守るための制度2(中古住宅) | トップページ | 贈与税の非課税枠拡大へ(住宅取得資金限定、2年で500万円) »

2009年6月 2日 (火)

契約者の夫と受取人の妻が同時に亡くなった場合の生命保険金の受取人は?

6月2日、上記に関して最高裁が判断を示しました。

このケースは、被保険者が夫で保険金受取人が妻である生命保険(死亡保険)において、夫妻が同時に亡くなり、かつ2人の間には子どもがいない(または子どもも同時に亡くなる)場合です。子どもがいれば、子どもが相続人になるので問題は生じません。しかし、子どもがいないとなると夫と妻の双方の法定相続人が絡んでくるわけです。

上記のような場合に保険金が誰に支払われるかの規定は、保険会社によって異なる場合もあるようですが、今回は夫と妻の双方の法定相続人を保険金の支払先としていたようです。しかし妻側の親族が、保険金は双方に支払うのではなく全額妻側であると主張していました。

今回の最高裁の判断は二審同様に妻側の主張を認め、保険会社の上告を棄却しました。

つまり、「被保険者である夫と受取人である妻が同時に亡くなった場合は、妻の法定相続人だけが保険金を受け取る権利がある」として確定しました。


« マイホームを欠陥から守るための制度2(中古住宅) | トップページ | 贈与税の非課税枠拡大へ(住宅取得資金限定、2年で500万円) »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/30023474

この記事へのトラックバック一覧です: 契約者の夫と受取人の妻が同時に亡くなった場合の生命保険金の受取人は?:

« マイホームを欠陥から守るための制度2(中古住宅) | トップページ | 贈与税の非課税枠拡大へ(住宅取得資金限定、2年で500万円) »