« 親の資産管理を行う(預金の引き出し) その1 | トップページ | 高額な医療費の持ち出しを防ぐために »

2009年8月25日 (火)

親の資産管理を行う(預金の引き出し) その2 成年後見制度

前回からの続きです。今回は、親が意識不明や認知症など判断能力がなくなった場合の話です。

このような場合、一般的には「成年後見制度」を利用します。成年後見制度とは、判断能力や意志能力が不十分な人の権利を擁護する制度で、「法定後見」と「任意後見」の2つがあります。

1.法定後見制度
被後見人(この場合は親)に判断能力がなくなってから、成年後見人を家庭裁判所が選任します。従って、子どもが後見人になりたくても必ずしもなれるとは限りません。成年後見人になると親名義の銀行口座から後見人である子がお金を引き出すことはできますが、利殖目的のリスク商品(株など)の売買は家庭裁判所が認めないことがあるようです。先に債券や預金などに移しておく必要がありそうです。

2.任意後見制度
被後見人となる人(親など)が、自分の意思能力のあるうちに、将来判断能力が衰えた場合に備えて、あらかじめ自分の任意後見人を選んでおきます。(家庭裁判所が選任するわけではありません。)公正証書で契約を結びます。成年後見人の場合と違い、後見人の仕事・役割の範囲を自由に決めることができます。被後見人である親の口座からの引き出しは基本的にはできるのですが、「代理人カード」(作成には親本人の手続きが必要)の利用を基本とする銀行が多いようです。


« 親の資産管理を行う(預金の引き出し) その1 | トップページ | 高額な医療費の持ち出しを防ぐために »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/31305357

この記事へのトラックバック一覧です: 親の資産管理を行う(預金の引き出し) その2 成年後見制度:

« 親の資産管理を行う(預金の引き出し) その1 | トップページ | 高額な医療費の持ち出しを防ぐために »