« 会社を辞めるなら16(定年退職者、65歳で辞めるなら2) | トップページ | 住宅ローンの選び方 その1(実態) »

2009年10月 1日 (木)

災害にあった場合に支給される支援金

以前に、災害にあった場合に所得税を減免できる措置をご紹介しましたが、今回は同じように災害にあった場合の救済策のお話です。

被災者生活再建支援法という法律があり、地震や豪雨などの「自然災害」により著しい被害を受けた場合、生活を再建するために、都道府県から支援金を受け取ることができます。全壊した場合だけでなく、半壊し解体が必要であったり、長期避難が必要な場合などにも支給されます。
支援金は以下の2つから構成されています。
(1)住宅の被害程度に応じて支給される「基礎支援金」
(2)住宅の再建程度に応じて支給される「加算支援金」

例えば地震により自宅が全壊してしまい、新しく立て直さなければならない場合は
(1)の基礎支援金の100万円に加え、(2)の加算支援金の200万円を支援してもらうことができます。詳しくは、内閣府の防災情報のホームページをご覧ください。


« 会社を辞めるなら16(定年退職者、65歳で辞めるなら2) | トップページ | 住宅ローンの選び方 その1(実態) »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/34015818

この記事へのトラックバック一覧です: 災害にあった場合に支給される支援金:

« 会社を辞めるなら16(定年退職者、65歳で辞めるなら2) | トップページ | 住宅ローンの選び方 その1(実態) »