« 個人年金保険 その1 | トップページ | うつ病になったら »

2010年11月 6日 (土)

個人年金保険 その2

前回、将来もらえる年金が「一定」の個人年金と「変動する」タイプの個人年金の紹介をしましたが、どちらも受け取るときの条件(もらう期間など)で分類すると「確定年金」「有期年金」「終身年金」の3つに分類されます。

1.確定年金

被保険者が生きていても亡くなっても、定められた期間は年金が支払われ続けます。被保険者が亡くなった場合の一括受け取りも可能です。

2.有期年金

確定年金同様に定められた期間年金が受け取れますが、被保険者が生存している期間だけです。年金受け取りの期間が短くなることがある分だけ、同様条件の確定年金と比べて、年金額は高め(あるいは確定年金に比べ保険料は安め)です。

3.終身年金

確定年金や有期年金が、定められた一定期間のみ年金を受け取ることができるのに対し、終身年金は受け取り期間を定めず、被保険者が生存している限りずっと受け取ることができます。「保証期間つき」であることが多く(10年程度)、その間は被保険者の生死に関係なく受け取ることができます。保険料は高めです。

そのほか、夫婦のどちらかが生存している限り年金が受け取れる「夫婦年金」もあります。妻が年下で、かつ夫婦の年齢差があるほどメリットがあります。ただし、メリットがある分割高になる場合もあり、夫婦の年齢差によっては加入できない場合があります。


« 個人年金保険 その1 | トップページ | うつ病になったら »

5.リスク管理と保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/39534597

この記事へのトラックバック一覧です: 個人年金保険 その2:

« 個人年金保険 その1 | トップページ | うつ病になったら »