« 年金を増やす方法 その2(第1号被保険者の場合) | トップページ | 国民年金保険料の若年者納付猶予制度 »

2010年12月13日 (月)

年金を増やす方法 その3(第2・3号被保険者の場合)

前回の続きです。まず国民年金の第2号被保険者(サラリーマン)が選べる方法です。以下のうち、3・4・6・7を利用できます。なお、3の確定拠出年金は勤め先が企業年金(確定給付型)を実施しているか否かなどによって、拠出限度額が決まっています。

1.・老齢基礎年金の付加年金
2.・国民年金基金
3.・確定拠出年金
4.・個人年金
5.・小規模企業共済

6.・老齢基礎年金の繰り下げ支給
7.・老齢厚生年金の繰り下げ支給(65歳以降にもらう部分のみ)

また、増やす方法だけではありません。サラリーマンとして働きながら年金をもらっている人は年金が減らされてしまう場合があり、再就職の場合などは前もってこの在職老齢年金に気をつけることも必要です。

8.・在職老齢年金

第3号被保険者(専業主婦など)の場合は、自身の国民年金保険料負担などがないことから選択肢は限られ、4.6.(7)のみになります。(7は、以前に厚生年金に加入したことがある場合)


« 年金を増やす方法 その2(第1号被保険者の場合) | トップページ | 国民年金保険料の若年者納付猶予制度 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/39619761

この記事へのトラックバック一覧です: 年金を増やす方法 その3(第2・3号被保険者の場合):

« 年金を増やす方法 その2(第1号被保険者の場合) | トップページ | 国民年金保険料の若年者納付猶予制度 »