« 国民年金は入ったほうがいい? その1 | トップページ | 生命保険(死亡保障)の選び方 その1 »

2011年1月12日 (水)

国民年金は入ったほうがいい? その2

前回の続きです。

○年金としての機能

例えば1ヶ月15,100円の国民年金保険料(H22年度)を25年間払い続けた場合、総額は453万円になります。一方、国民年金を65歳から毎年495,100円ずつ受け取ることになった場合、10年で元がとれます。

また、85歳までもらった場合の総額は990万円であり、支払い総額の2.2倍です。25年間かけて支払い、その後65歳までの5年間待ってから、20年かけてもらう場合の運用利回りとして、この数字が魅力的かどうかは人により意見が分かれるかと思いますが、もらえる額が(変動はありますが一応)保証された「確定給付型」の年金であり、さらに終身年金であるわけです。

一方、これと同じ給付内容の年金を個人年金に加入して用意しようと思ったら、どうでしょうか?低金利の現在では予定利率が十分に高い個人年金は存在しないでしょう。また、終身型の個人年金保険はありますが、高金利のときに加入したとしても、相対的に掛け金は高くなると思います。

○保険としての機能

前回も書きましたが、国民年金には、障害基礎年金遺族基礎年金の給付もあります。国民年金の保険料を払っていない人が民間の保険を検討してして医療保障や死亡保障に加入するよりも前に、まず国民年金のこれらの保険としての機能を知っておいたほうがいいと思います。

○節税になる

国民年金保険料は、全額が社会保険料控除として所得控除の対象になります。例えば、年額18万円の国民年金保険料を納めた場合、所得税の税率が20%の人であれば年間で36,000円の節税になります。

一方で、個人年金保険料も所得控除の対象になりますが、上限があり、保険料をどれだけたくさん払っていても控除額は最高で5万円です。税率が20%の人の節税額は10,000円になります。

民間の商品に比べ、とても多くの面で優位性があると思います(当たり前ですが)。


« 国民年金は入ったほうがいい? その1 | トップページ | 生命保険(死亡保障)の選び方 その1 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/39585074

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金は入ったほうがいい? その2:

« 国民年金は入ったほうがいい? その1 | トップページ | 生命保険(死亡保障)の選び方 その1 »