« 65歳以上の介護保険料 | トップページ | 国民年金は入ったほうがいい? その2 »

2011年1月 9日 (日)

国民年金は入ったほうがいい? その1

「将来もらえる年金はあてにならないから」「今まで払ってこなかったから、この先払っても無理」などの理由から、国民年金保険料を払っていない人も多いと思いますが、以下のような様々な仕組みを知ると、「今からでも入ったほうがいいかも」と思えるようになるかもしれません。

○どんなときにもらえるか

まず、国民年金ですが、これは老後のためだけのものではありません。所定の障害を負った場合や、子どもがいる場合は自分が亡くなった場合に子どもに年金が支払われます。これらの障害(基礎)年金遺族(基礎)年金は、25年の受給資格を満たす必要がありません。滞納期間が1/3以上ないことが必要ですが、特例措置があります。例えば障害年金の場合は、初診日までの前々月までの直近1年間に未納がなければ障害年金が支給されます。

○受給資格を満たさないかも・・・

老後の年金(老齢基礎年金)をもらうためには、原則25年以上の保険料納付が必要ですが、60歳までにあと25年ない人のためには、受給資格を満たすための方法があります。

また、前述の通り、障害年金や遺族年金を受給することになった場合は、25年の必要はありません。

さらに、これは決まったことではありませんが、受給資格としての25年以上の保険料納付という要件が撤廃される可能性もあります。

宿泊はじゃらん


« 65歳以上の介護保険料 | トップページ | 国民年金は入ったほうがいい? その2 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/39584716

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金は入ったほうがいい? その1:

« 65歳以上の介護保険料 | トップページ | 国民年金は入ったほうがいい? その2 »