« 寡婦年金 | トップページ | 103万円の壁 »

2011年9月10日 (土)

公務員の受給する年金

公務員の場合、会社員の加入する厚生年金に相当するのが共済年金です。

公務員の給料は、民間企業の平均的な給料を元に算出される部分がありますので、そう高いわけではありません。

しかし、退職金や年金などは手厚くなっています。以下、現在の年金制度で手厚い部分を見ていきます。

1.職域加算

平均的な公務員の場合、厚生年金に相当する部分のほかに、上乗せ年金として月に平均2万円の職域加算を受け取ることができます。

2.保険料率

厚生年金や共済年金の掛け金は、収入の一定率を毎月天引きされています。会社員が加入する厚生年金の場合、保険料率は16.412%(会社と会社員で折半)です。

一方で公務員が加入する共済年金の保険料率は15.862%と、若干低くなっています。これは、少ない負担で将来の年金をもらえるということです。

3.転給

会社員の遺族がもらえる遺族厚生年金は、受給している遺族が亡くなればそこで受給はストップします。一方で、公務員の遺族が受給できる遺族共済年金は、「転給」という制度があり、受給している遺族が亡くなっても、一定の要件を満たせば別の遺族が引き続き受給することができます。

これらのように、厚生年金よりも手厚い共済年金ですが、「年金一元化法案」によって、これらの手厚い部分は減らせれていくことになると思われます。


« 寡婦年金 | トップページ | 103万円の壁 »

1.ライフプランニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/365863/44823054

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の受給する年金:

« 寡婦年金 | トップページ | 103万円の壁 »