« 2012年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月

2013年4月10日 (水)

急速に円安に向かっている今、一般生活者は何もしなくていいの?

為替が1ドル=100円というところまできて、日経平均株価が13,000円をまた超えました。
この半年くらいでこの流れ(円安、株高)が出来上がってきています。
この後何度か調整は入るでしょうが、未曾有の天変地異などが起こらない限り、このベクトルはかなり強いもののようです。

金融市場は活況ですが、この流れの中、一般生活者は何かしたほうがいいのでしょうか?

まず1つめ。現在、まだ物価は多くが低いままで、金利も低いですが、近いうちにインフレになっていく可能性が現実味を帯びてきました。
インフレとはモノやサービスの価格が全体的に上がり続け、お金の価値が下がることです。
ということは、今まで100円で買えたものが、102円なり105円を払わないと買えなくなるということです。

多くの日本人の金融資産は、円建ての預貯金です。
タンス預金は30兆円弱とも言われています。
タンス預金はインフレになったら価値が下がってしまいます。

ではそのお金をどこに向けたらいいのか?私もよくわかりません!(などと言ったらお叱りを受けそうですが。)
株価は、物価と1:1に連動するものではありませんが、インフレ時には全体的に上昇していることが多いのが実際です。
直接株式を買わなくても、投資先がすでに分散された投資信託などで株式に投資することはできます。
また、投資信託も抵抗があるという場合、一応?元本が保証された「個人向け国債」という方法もあります。
「変動型」であれば利率は金利に連動した動きをしてくれます。
いずれにしろ、放っておくのではなく、何らかのアクションを起こしたほうがいいと思います。

まずは「ちょっとでいいからやってみる」ことです。
最初の一歩のハードルは高いのですが、その後のハードルは意外に低いものです。



それからもう1つは為替への対応。
円高で恩恵を受ける人や会社もあれば、円安で恩恵を受ける人や会社もあってそれぞれですが、
一般生活者の多くは、「円安では困る」ことも多いはずです。
金融資産のほとんどが円建てであればなおさらです。

ティッシュペーパーやガソリンを買った人は実感すると思いますが、円安の影響などですでに高くなっています。
この4月以降、値上げが決まっている食料品もたくさんあります。
「海外にも行かないし、円で生活しているから関係ないし、外貨は持ちたくない」と思っている人もたくさんいますが、
為替の影響は確実に受けているわけです。

今後、さらに円安になった場合、輸入品に頼っている日本の生活では、大きな影響を受けることは間違いありません。

ではどうしたらよいのか?
外貨預金?
ではなく、私が利用しているのはFXです。外貨預金感覚で。(FXの詳細へ

当日予約OK!格安高速バス予約

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2013年6月 »