« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

保険商品ってつくづく・・・

1990年くらいに契約された、とある保険契約をみていて感じたこと。

例にもれず、たくさんの特約が付加されていました。(勧誘された当時、当たり前のようにくっつけられていたのでしょう。)
○特約1 新・災害入院特約
傷害で継続5日間以上入院の時、5日目以降日額5,000円がもらえます。
保険料は月額350円なので、15か月間払うと5,250円払ったことになります。
ということは毎15か月間に6日間以上、あるいは30か月間に7日間以上、当該の入院をしないと元は取れません。
被保険者は10代と若いのですが、しばらくはそんな頻度で入院することは考えにくいですね。
入院して1日5,000円もらえるのはうれしいですが、それくらいは貯蓄で賄える金額かと思います。


○特約2 新・疾病入院特約
疾病で継続5日間以上入院の時、5日目以降日額5,000円がもらえます。
所定の手術を受けた時は5~20万円もらえます。
保険料は月額1,245円。14年も払い続ければ、保険料は20万円を超えます。


ここで主契約をみてみます。
死亡・高度障害の時、保険金額が1,200万円で終身保障。保険料は月1,549円で30年間で払い込みが終了します。つまり、557,640円払い込んで、(時期はわかりませんが)必ず1,200万円戻ってくるというもの。被保険者が若い時期に加入しているということと、予定利率が非常に高い時期の保険ですので保険料は安いのですが、加入から80年後に保険金が下りるとして、80年間で約22倍にお金が増えているわけです。(実際には、加入時に全額支払っているわけではなく積み立てているわけですが。)
解約返戻金も、遅くなればなるほど急上昇するので、安易に解約しない方がよい保険です。
一方で特約3をみてみます。


○特約3 定期保険特約
主契約との違いは、保険期間が終身でなく30年間の定期であることと、保険金額が1,200万円でなく2,000万円であること。主契約の保険料が1,549円であるのに対し、この特約は4,960円。
払い込みは同じ30年間なので総額は1,785,600円。
主契約との比較では、どう考えても割に合いません。
もし主契約の死亡保障を増額したい場合、この特約をつけるのではなく、同じ主契約をもう1つつけたらどうなるでしょうか?
保険金額は倍の2,400万円で、しかも終身保障で、支払う保険料の総額はさきほどの主契約557,640円の2倍=1,115,280円です。
このように考えると、この特約に加入する人などいるのでしょうか?実際にはたくさんいるのででしょうが、契約内容をよくわからないまま加入を勧められたからにほかなりません。
(言葉は悪いですが、契約者がいかに損するかを契約者に気づかれないようにして販売するのが金融商品なのです、と言われても仕方ないでしょう。)
しかもです、この特約に関する解約返戻金はほとんどありません。せいぜい主契約の10分の1です。


これまで支払ってきた保険料は仕方ないとして、主契約がお得なので、まあよしとするしかありませんね。
契約内容は、詳しい人を交えてしっかり確認しておきましょう。




| コメント (1) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

養育費や住宅ローン返済で大変! それでも30代世代が効率よく貯蓄するには?

 子供がいて養育費がかかる、さらに住宅ローンをかかえていて毎月の返済額がかなり家計を圧迫している、そんな家庭は少なくないと思いますが、さらにその上毎月貯蓄をすることは可能なのでしょうか?

 工夫次第では十分可能です。

 住宅ローンの状況が特に大きな影響を及ぼすので、まずはすでに組んでいるか否かで分けてみていきます。


これから住宅ローンを組む家庭の場合

 住宅ローンの選び方1つで、収支への影響が将来にわたって大きく変わってきますので、慎重に検討しましょう。「毎月の返済額」ばかりに目が行って、本来の返済能力を超えてしまうような返済額を設定しないように注意することが第一です。年収などから借入可能額が決まりますが、これは銀行側が決めた上限であって各家庭の将来設計や収支の状況を鑑みているわけではありません

 この段階では、子供の数や家の価格など自分たちの意思で決定できる要素も多いので、専門家の力を借りてキャッシュフロー表(年単位の一生分の収支表)を作成し、ローンを組んでも無理のない収支バランスであることを確認することが不可欠です。住宅ローンの返済額だけでなく、組み方(年数や固定や変動など)にも注意が必要です。固定と変動のミックスもよい方法です


すでに住宅ローンを組んでいる場合

 銀行にすすめられるままに、あるいはみんながそうしているからという理由で変動金利で組んでいる家庭も多いのではないでしょうか? 今後何%くらいの金利上昇に耐えられるかは把握していますか?

 変動、固定金利とも現在は最低水準ですが、今後固定金利が急上昇する可能性は十分にあります。余裕のある家庭を除いては、変動金利のみでローンを組んでいるのは問題かと思います。

 固定金利にかえた場合、毎月の返済額は上がりますます毎月の収支はきつくなりますが、それよりも変動金利のままで将来金利が上昇し返済できなくなることを防ぐことのほうが大切です。固定金利が低い今、借り換えは十分に検討に値すると思います。


具体的に支出を把握する

 以下、住宅ローンをこれから組む場合、すでに組んでいる場合共通の話です。

 まずは毎月の収支の把握です。家計簿をつけている家庭は多くはないと思いますが、家計簿までいかなくても、どんなものにいくらくらい使っていることを把握することは必要不可欠です。飲み会の費用など、調べてみて驚くこともあるかと思います。きちんと「把握」するだけで無駄遣いを減らせるという効果も実際にはあります


まず貯蓄する

 貯蓄を確実にするのに一番有効な方法は「天引き」です。余ったら貯蓄をするのではなく、まず「貯蓄」して、残りで毎月やりくりしていくという方法です。人間は、使えるお金が目の前にあれば必ずといっていいほど使ってしまいます。お金がなければないでなんとかするものです。天引きのシステムが会社になければ、積立は自分で作ることも可能です。

 その際、貯金ではなく、30代であれば投資信託などある程度リスクのある商品を選ぶべきです。確定拠出年金など、有利な制度もあります。貯蓄はすぐに使うものではなく、将来のためのものです。短期的には価格変動はあっても、長期的には増えている可能性は十分あります。

 収入を増やすのは一般的に難しく、支出を減らすのは効果が限られますが、リスクのある商品で運用して「お金に働いてもらう」ことは(一時的には資産を減らす局面はきっとあるでしょうが)収支を改善する方法として一番効果的かと思います。


残りの少ないお金で毎月どうやりくりしていくのか

(1) より安い代替手段を検討する
(2) 無駄を省く

(1) より安い代替手段を検討する

 毎月の支出を見ていくと、スマホなどの通信費は額が大きいと思います。今後、さらに競争拡大していくことが予想される「格安スマホ(SIM)」を検討すべきかと思います。コスパが良いので私もようやくガラケーから乗り換えました。

 選択肢としてデータ通信のみまたは通話機能あり、データ通信のみの場合はSMSの機能ありなし、SIMカードの枚数、などによりさまざまなプランがあります。データ通信のみのSIMカードにして、通話はIP電話を別途契約などの方法もあります。

 以前も書きましたが、金券ショップ・ネットオークションなどは活用に値すると思います。百貨店などでの買い物・旅行商品・遠方の切符など額の大きなものを購入するときは、検討すべきです。

 私は「より安い代替手段」を選ぶことで、毎年8万円ほど浮かせています。


(2) 無駄を省く

 これは例えば飲み会を選んで参加不参加を検討することや光熱費などの節約など。エアコンは電気を食いますが、特に冬です。エアコンは控え、灯油ストーブなどを新しく購入するほうが長期的にはプラスです。エアコンを使う場合でも、窓に断熱材(ぷちぷちなど)を貼って熱が逃げないようにする工夫でだいぶ違ってきます。フィルターの掃除なども忘れずに。

 その他、節約術はネットにいろんな知恵が載っていますので見てみましょう。

 毎月のやりくりについてやり続けるのは面倒と感じることも多いと思いますが、普段と違うから面倒なのであって、「習慣」にしてしまえば面倒に感じることはなくなります。

 以上、一般的な方法を書きましたが、そのほかの具体的な方法は各家庭の数だけあるといってもいいと思います。上記はすべてやりつくしたけどまだ貯蓄できない、そんな方はまずは自身のご家庭のキャッシュフローについて、専門家に診断してもらうのも1つの方法です。

 一般的には、子供がいて住宅ローンを抱えている家庭の場合、家計が苦しくなるのは30代よりも40代、50代です。おそらく毎月の収支がマイナスになる時期がやがて来るので、その時期を乗り越えられるよう今から準備しておくことが必要です。


ハピカが安い





マミーポコが安い

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »