9.その他日常生活

2008年3月 2日 (日)

海外旅行は今がチャンスか?

円高が急激に進んでいます。ここ10年間で最も円高(対米ドル)の水準になりました。半年くらい前までは円安で、ユーロ圏からの買い物が割高だと思っていたら、この変化です。今が、絶好の海外旅行(特に米国圏)のチャンスと思っている方も多いのではないでしょうか?確かにその通りかもしれません。チャンスは今しかない、と思うかもしれませんが、今だけではありません。チャンスを長続きさせる方法があります。

為替レートを操作できる?そんなはずはありません。今後はまた円安に動くと思えば、今のうちに円を米ドルに変えておけばいいのです。そうすれば今すぐでなくても、今後米国圏に行ったときに今換えた米ドルを使用すればいいわけです。

多くの人にとって、為替レートが一番気になるのは海外旅行に行くときでしょうが、実は日常生活でも大きく影響を受けています。特に輸入品に頼る国ではそうです。身近な例で言えば、食料品やガソリン、輸入ブランド品などの価格。何も海外旅行に行くときばかりではなく、日本で普通の生活をしていても影響は受けるのです。

そう考えると、外貨に換えておいたほうが為替レートの影響は受けにくくなります(円高だと思ったら)。でも輸入食料品であってもスーパーに行ってドルで買う事はできません。でも以下のように考えれば、為替レートの影響を受けにくくなることが分かると思います。

まず円高のときにドルにかえておく。例えば1ドル=90円とします。ある輸入食料品は90円で買えたとします。その後円安になって、同じ輸入食料品が為替の影響で120円(1ドル=120円)の値段になったとき、前に買っておいた1ドルを円に換え、その円で支払えばいいわけです。

もし円貨のみの保有でしたら、単純に30円多く払わないと買えない(90円→120円なので)わけですが、ドルを保有していたことにより、90円で買えたことになるのです(為替手数料を除いて考えています)。つまり為替変動の影響を吸収できたわけです。

これは、円高のときに外貨に換え、円安になったら円に戻すと言うことです。海外旅行に行かなくても、やっておいたほうがいいことです。でも今円高だと言っても、今後円安に戻るか、さらに円高に動くかはだれにも(プロでも)わかりません。具体的にどうしたらいいでしょう?次回へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

最近読んだ本 「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」

「お金」に関する教育はほとんど受けておらず、「投資で稼いだお金よりも汗水たらして労働により得たお金のほうが価値がある」と、何の疑いもなしに考えている人が多いのが日本社会ですが、こういう本を1回読むと考え方も変わってくるのではないかと思います。以下、印象的だった部分です。

「・資本主義の中で、自分がお金に対するコントロール権を持たないということは、社会に対して独立した力をもてないということになります。私達は投票をすることで政治に影響を与えていきますが、それと同様に、投資をすることで自分達の住みよい社会を作っていくことが可能になるのです。

・金融について興味があっても知識を得ないままでいると、せっかくのお金が銀行や郵便局で寝てしまいます。その結果、その使い道は自分でも思わぬところ、例えば土地の不良債権や儲からない第三セセクターなどに行ってしまい、資金が非効率的に使われるばかりか場合によっては回収が不能になってしまうのです。従って、わたし達がどんなに一所懸命労働して、その結果得たお金をためたとしても、そのお金たちが自分達の幸せとは全く無縁のところで使われてしまうのでは意味がありません。

・オプションとは、ある金額で何かを売買する権利をいいます。宝くじも、300円を払うことで1億円当たるかもしれないというオプションを買っていると考えることができます。そして、そのオプションは高い確率で0円になります。宝くじの期待値(買った宝くじに対して平均的に戻ってくる賞金の金額)は40%くらいですが、日経平均先物オプションの期待値は理論上、ほぼ100%ですので、同じ「くじ」を買っていると思えば、宝くじよりも日経平均オプションのほうが割がいいことは理解できると思います。」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

相続による株券の名義変更

株券の電子化が1年後に迫っていますが、とある依頼で他人名義の株券の名義変更を代行することになりました。信託銀行に必要書類をもっていき、手続きします。前回、別の銀行で同じような手続きをしましたが、ルールは銀行による様々のようです。

今回は三菱UFJ信託銀行。ここのルールは
・基本的に予約が必要
・基本的に、代理人が手続きをする場合は委任状が必要
となっているようです。

みずほ信託ではどちらも必要なかったぞ・・・と思いながら、予約なしで受け付けてもらいました。また、委任状については本部?に問い合わせて確認しますとのこと。(「委任状必要となったらまた面倒だなー・・・」)そもそも、相続する人(新しい株主)は遺産分割協議書などの書類で確認するわけだし、代理人が悪いことをしようとしてもし様がない?と思うので、委任状などなくていいと思うのですが・・・。

担当の方に「他行では必要ありませんでしたが・・」と伝えたのが奏功したか、結局なしでOKでした。もしマニュアル上必要としているのであれば、撤廃したほうがいいのではないでしょうか、というのが個人的な意見です。

とりあえず、手続き開始。

でも書類確認に時間がかかるのか、今回も受付してから店舗を出るのに2時間くらいかかりました。相続の内容が複雑であったことも関係あると思いますが、時間のかかることやら・・・。